ヒアルロン酸注射(関節痛の治療法として、有効な方法の一つです)の豊胸手術って、大丈夫なんでしょうか? ヒアルロン酸(結合組織を構成するとても重要な成分で、多糖類の一種です)注入による豊胸術は、色んな美容整形手術の中でも安全性が高い方法だと言えるでしょう。 また、他の豊胸手術方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)に比較したらも、安全性が高い方法なのです。 例えば、シリコンパック挿入法では、切開手術によってシリコンパックをバストに挿入します。 体にメスをいれるかも知れませんねし、体に異物を入れるというところからも、抵抗を感じる方が少なくありません。 でも、ヒアルロン酸注入の場合は、脂肪注入と同様に、注射で小さな穴を開けて注入するため、安全性が高いだけでなく体の負担も小さくて済みます。 手術時間が短時間ですみ、傷跡の心配が必要ないのも嬉しいですね。 また、ヒアルロン酸注入を行って豊胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)しても、授乳には問題はないでしょうから、未婚の方でも安心して行うことができます。 ただし、バスト(ほしのあきは専用のエステに通って維持しているそうですよ)に注入したヒアルロン酸は、少しずつ身体に吸収されて、いずれなくなってしまいます。 ですから、ずっと豊胸効果があるわけではなく、おおよそ2年くらいで効果が果がなくなってしまうといわれているのです。 比較的安価で、安全に受けられる豊胸術ではありますが、バストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)した状態を維持するためには定期的に行う必要がありますー